スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます。

皆さんの心のこもったコメント、ありがとうございます。

1つ1つかみしめるように読ませていただきました。

コメントを頂いた皆さんへのお返事はすぐに書くことができないかもしれませんが、

必ず書きますのでできればもう少し時間を下さればと思います。

すぐに書けなくてごめんなさいね。




ソフィがいなくなって家族みんな想像以上のダメージを味わっています。

こんなに早くソフィがいなくなるなんて思ってもいなかったので

余計にショックが大きいのかもしれません。

何をしていてもソフィのことが頭から離れない。

皆さんのアドバイス通り、今はたくさん泣かせてもらったほうがいいんでしょうね。




ソフィは家族の中で特に次男が大好きでした。

その次男は病気がわかって2,3日おきにソフィに会いにうちに来てました。

この写真はその時に撮ったものです。

この時のソフィは嘔吐を毎日繰り返していてすでにフラフラの状態だったんですよ。

でもなんなんでしょうね。

フラフラなのに次男のおなかにぴょんと飛び乗ったりして、

次男がうちに来ると急に変わるんですよ。

毎日世話をしているのに私なんか、全く相手にされてませんでした(笑)

ソフィのどこにそんな元気が残されてるのかってぐらいうれしそうにしてました。


1ソフィ


sofi 2

3ソフィ

次男が帰ってしまうとさみしそうな顔をするんですよ。

そして気がつくとまたフラフラに歩いてるんですよね。まったくどうしようもないやつです。


というわけで次男はソフィの苦しそうな姿をあまり見てません。

重い病気でもあと1か月ぐらいは持ちこたえてくれるんではないかと思っていたようでした。

なので次男も大きなショックを受けています。


斎場では家族みんないっぱい泣きました。

次男は形見にソフィがいつもしていた首輪を持って帰りました。

今彼が身に着けているペンダントの中にはソフィがいます。


長男は斎場に有給を使ってわざわざ広島から駆け付けてくれました。

長男の落ち込みように会社の人が焼き肉をおごってあげると慰めてくれたようです。(笑)


そして大阪にいる三男にはなかなかソフィの病気のことを言えないでいました。

やっと言えたのはソフィが亡くなる2,3日前の事です。

こんなことになるんだったらもっと早くに知らせておけばよかったと後悔しましたが

でも三男は何となく私との電話での様子でソフィのことを察していたと後で教えてくれました。


ソフィナナを溺愛しているお父さんは、私と一緒に看病を頑張ってくれました。

お父さん、病気発覚から3、4キロ体重が落ちてしまいました。

ソフィがお父さんのメタボを心配してスリムにしてくれたんでしょうかね(笑)



今私は、ソフィに使っていたリード紐を

お散歩ポーチにそっとしのばせてななと散歩に出ています。

DSC04898.jpg


ソフィのお骨はお昼はリビングに、夜には2階の寝室にと私たちと一緒に移動しています。

甘えん坊のソフィを1人にしておけないとお父さんがせっせと連れていってます。

姿は変われど、ソフィは私たちと一緒です。

スポンサーサイト
Category: わんこ

辛い出来事

ソフィ




我が家の愛犬、ソフィが5月25日、虹の橋を渡りました。9歳6か月でした。

病名は脳腫瘍。


3月までは元気いっぱいだったソフィ、

4月のある日、突然きゃんきゃんと痛がってうずくまっている様子に

心配になって病院で診察を受けたところ、

全く想像していなかった重い病気であることがわかりました。

「脳にできものができているようですね。」

先生の突然の宣告に戸惑うしかなかった私です。

“今、こんなに元気なのに本当に脳腫瘍なの?、違う病気で先生の誤診じゃないの?”

頭の中ではいつもそんなことばかり考えてて、失礼ながらも先生に他の病気ではないかと

言ってしまったこともあったんですよね。


先生の宣告に戸惑ってばかりいた私たちでしたが、予想よりはるかに早い速度で

病魔はソフィの体を弱らせていってたようでした。

それでも、最期までソフィ、がんばりましたよ。

もう体中フラフラで立とうとしてもすぐ崩れて倒れてしまうのに、

頑張っておしっこやうんちを自分でトイレに行ってしてました。

そんなソフィの姿が痛々しくて

私はもうがん張らなくていいからおむつの中におしっこをして・・・

と何度思ったことか。。。。



先週の週末から断続的にマヒ発作を起こすようになりさらにソフィの状態が悪くなりました。

昨日病院でみてもらったところ

腫瘍は脳だけでなく肺、肝臓に転移、さらに体液中に血もじわりじわり漏れ出ていたようで

「早くて今晩、遅くても2,3日以内には大量出血で死んでしまいます。
これからは体がしんどいだけでこの子にとっていいことは何一つないです。
安楽死を考えてあげてもいい時期かもしれません。」

と先生から辛い説明を受けました。

そしてこれ以上のソフィの苦しみがなくなるようにと私たち家族は安楽死を選びました。

ソフィ、大好きな次男に頭を撫でられながら安らかに逝きましたよ。



ソフィがいない今朝、ななを散歩に連れて行ったんですけどね、

涙があふれてあふれて、、、

みっともないですけど泣きながら顔をぐしゃぐしゃにして歩いてしまいました。

たった1か月だけど無我夢中で看病していたその期間が私には濃密すぎて、

今は思い出すのがつらいです。





どうしようもなく甘えん坊で痛がりのソフィだったけど、ほんとうによくがんばりました。

ソフィ、ありがとうね。。。ソフィの事、ほんと大好きよ。。。



ごめんなさいね、久しぶりの更新なのに悲しい知らせで。。



Category: わんこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。